さよなら高校野球 -第7話-

真夏の太陽が梅雨空を押しやり、蒸し暑い日々が続いた。夏の大会は抽選会、開会式と進み、2017年7月11日、二男の高校は初戦を迎えた。相手は昨年、上級生達が敗れた高校だ。勝てない相手だとは思えないが、実力がどの程度なのか情報が少なく、不安もあった。

試合が始まると、序盤に点数を重ねることができ、勝利を収めることができた。二男の出番はなかったが、チームが勝ててホッとした。ここで負けてしまったら余りにも短い夏となってしまう。二男が出ても出なくても、チームが勝って少しでも長い夏にしてほしい、少しでも長く二男に仲間と野球をやらせてあげたい、それが僕の願いだった。

そして、ここで負けるには心の準備がまったくできていない。なので、勝てて本当に胸をなでおろした。

一週間後、ベスト16をかけた3回戦の相手は自宅のある市の高校で、それなりに強豪校だ。地元だけに知っている子もたくさんいる。試合は序盤でリードしたものの追加点が取れず、追い上げられる展開となった。

追加点を取りあぐねた展開に、8回のチャンスに二男が代打で起用された。くしくも相手ピッチャーは、少年野球時代に市の選抜チームで仲良くしていたチームメイトだった。僕はこの打席、二男の打席を心にしっかりと焼き付けておこう、そんな心持ちで見つめていた。

積極的にバットを振っていき、ボール球はしっかりと見極める、そんな打席にヒットの予感がした。フルカウントから放った打球は一瞬「ヒットになるかも ! 」と思ったが、センターの守備位置が良く、センターフライに終わった。しかし、アウトにはなったが、良いチャレンジだった。

追加点は奪えなかったが、投手陣が踏ん張り、なんとか逃げ切って勝利を手にすることができた。最後もチャンスを作られて苦しい展開だった。相手も必死だ。野球の神様は簡単には勝たせてくれない。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Essay  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード