手作りジャーキーのおはなし

犬好きな人は感情表現が豊かな人が好きなんだそうだ。確かに、猫よりも犬の方が感情表現が豊かだ。はしゃいだり、喜んだり、ビビッたり、あまえたり・・・そういう感情がわかりやすい。

ちなみに、うちのママも感情表現がわかりやすい。ちょっとほめられるとすぐ喜び、冗談で悪口を言うとすぐ口をとがらせる。ライムとママはもしかして同類項なのかもしれない。わかりやすい性格というか、要するに単純なのだ。(笑)

猫は猫でかわいいが、どこかクールでマイペース、という印象がある。そこへいくと犬は飼い主のことを大好きになってくれる。愛情を注いだ分だけ愛情を返してくれる。可愛がり甲斐があるヤツだ。

だから飼い主もつい犬を喜ばせてあげたくなるのかもしれない。犬は飼い主のサービス精神をくすぐる名人なのである。

先月、僕はライムのために手作りジャーキーを作った。それはライムを喜ばせるための
ものだ。ライムはジャーキーをもらうと夢中で食べる。打てば響く太鼓のようで、僕はなかなか満足だ。

僕がライムにあげるジャーキーをなぜわざわざ手作りするのかと言えば、市販品は保存料や添加物が使われている商品が多く、お世辞にも「健康的」とは言えないからだ。

ライムを家族に迎える前、僕はドッグフードやジャーキーについていろいろと調べたことがある。そのことについては、当ブログのエントリー「ドッグフードと手作り食」で過去に紹介したとおりだ。

要するに、僕は市販のフードやジャーキーの安全性をあまり信用していないのだ。ミスチルの「擬態」という歌の一節に、「何かに擬態したものばかり」というくだりがあるが、ドッグフードやジャーキーも「良質」と擬態している商品がたくさんあるのではないか。(もちろん、すべてがそうだとは言わないが)

そんな訳で、ライムには市販のジャーキーを与えたことがない。どうしても添加物などが心配になってしまうのだ。「ジャーキー症候群」なる病気もあると聞くし。フードはともかく、ジャーキーは与えなければならないものでもないので、チャレンジする必要も無い。なので、市販のものを買うことはなかった。

市販のジャーキーを与えたことはなかったが、手作りであれば話は別だ。保存料や添加物の心配は無い。

以前、肉のなみかたさんで馬のロングアキレスを買って手作りジャーキーを作ったことがある。僕の記憶が確かならば、肉のなみかたさんは、ブログ「君がいるだけで」を主宰するまりんばさんに教えてもらったショップだ。

以前買った馬アキレスがまだ家の冷蔵庫に冷凍で残っていたので、先月また「手作りロングアキレスジャーキー」を作った。そのジャーキーをライムの誕生日に与えたという話は前回のエントリーで紹介したが、今回はそのレシピをご紹介しようと思う。干すだけなので「レシピ」とは言わないか・・・(汗)

まずは冷凍の馬アキレスをジャブジャブ水洗いする。洗っていると解凍されるので、レンジで解凍とかしなくて良いらしい。この水洗いが結構重要な気がする。雑菌が付いているとカビたり傷んだりしてしまう原因になると思うので。

jerky_01.jpg
洗い終わった馬アキレス。キッチンペーパーで水気を切る。

jerky_02.jpg
馬アキレスをタコ足ハンガーで干す。少しにおいがするので、ライムが興味津々で見つめていた。干した場所は家の家事室で、いつも洗濯物を干す場所だ。乾いてくるとにおいはしなくなる。

jerky_03.jpg
そのまま1週間干して完成。

jerky_04.jpg
末娘にジャーキーをもらうライム。じらしてなかなかあげない。

ここで紹介した手作りジャーキーは、肉のなみかたさんのブログで紹介されていた作り方を実践したものだ。肉のなみかたさんではミニチュアダックスちゃんが食べるのに3~4日かけていたみたいだったので、ウチのも相当長持ちするかな、なんて期待していたのだが、ライムはものの10分くらいで食べてしまう。うーん、さすがスプは食べっぷりが力強い。

<あとがき>
僕は市販のジャーキーを買わないと書きましたが、市販のジャーキーを与えている人を否定している訳ではありません。市販品の中にも良い商品はたくさんあるでしょうし、僕が心配し過ぎなだけかもしれません。人の生き方と同じで「何が正解」というのはないのでしょう。

だとすれば、それぞれの飼い主が愛するワンコのために出した回答、それが正解なのでしょう。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

Tag:Dog  Trackback:1 comment:6 

Comment

クレまま URL
#- 2012.06.13 Wed01:02
家も手作り派ですよ(^^)
ご飯は一応栄養面を考えて トッピングにしています。
おやつはささみジャーキーや砂肝ジャーキー ゴマクッキーなど無添加 有機のものを使って作っていますよ。
食事は大切ですよね。
パパさんにこんなに思われて ライムちゃん幸せですね。
ゆるる URL
#ftr86F3A Edit  2012.06.13 Wed16:44
お祝いコメントありがとうございました。

やぱっり手作りが一番安心ですよね!
材料の不安は少しありますけど・・・
うちは、ササミや砂肝のジャーキーは作ります。
アキレスは近所で手に入りませんね~
馬ならロングでも10分もてばいいほうかな?
もっと味わって食べて欲しいです!(笑)
makorinn URL
#X5XodAgg Edit  2012.06.15 Fri16:47
うちもジャーキーとかは買ったりもしますが
手作りする事も多いです。
売っているおやつって封を開けて忘れていても
いつまで経ってもカビが生えないものがあったりします。
そういうものを見ると怖~いと思ってしまいますよね。

手作りにしても、食材に凝りだしたらキリがないので、
出処を注意して確かめるぐらいで
最近私はわりとアバウトです。

馬肉アキレスのジャーキーはうちのワンズも大好物で、よく作りますよ。



ライムぱぱ URL|Re: クレままさん
#Vorrl6Is Edit  2012.06.16 Sat08:25
クレままさん、コメントありがとうございます。

クレままさんチは手作り派なんですね。さすが料理上手のクレままさんですね~。^^

クレバー君も、おいしくて健康的な食事をもらえて最高ですね !

ではまた。
ライムぱぱ URL|Re: ゆるるさん
#Vorrl6Is Edit  2012.06.16 Sat08:35
ゆるるさん、コメントありがとうございます。

「安心感」という点ではやはり手作りですかね。おっしゃるとおり、原材料がどこまで安心か、というのは100%の保証はないですが、少なくとも調理過程で保存料などは使われませんからね。

馬アキレスジャーキーがどこまで長持ちするか、最初に作った時は楽しみでしたが、スプの食い意地の前に撃沈でした。(笑)

ではまた。
ライムぱぱ URL|Re: makorinnさん
#Vorrl6Is Edit  2012.06.16 Sat08:45
makorinnさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、気にしだしたらキリがないですよね。究極的には原材料まで自分で育てるとかになってしまいますからね。現実的ではありません。

何事もそうだと思いますが、程度問題なんでしょうね。まったく気にしないともどうかと思いますが、行き過ぎもどうかと。makorinnさんのようなスタンスがベストの気がします。

ではまた。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

まとめtyaiました【手作りジャーキーのおはなし】

犬好きな人は感情表現が豊かな人が好きなんだそうだ。確かに、猫よりも犬の方が感情表現が豊かだ。はしゃいだり、喜んだり、ビビッたり、あまえたり・・・そういう感情がわかりやす... まとめwoネタ速neo - 2012.06.13 03:02

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード