劇団四季のアラジンに行ってきた(後編)

ランチ後はショッピングなどしつつマダム・タッソーに行ってきた。マダム・タッソーとは世界のセレブの等身大フィギアを見てまわるアトラクションだ。昔風に言えばろう人形館といったところか。

「ろう人形館なんてどこが面白いの」と思われるかもしれないが、ネットで調べてみると世界のセレブ達に会えるみたいな感覚でとっても楽しそうだったのだ。

で、実際に行ってみるとカナリ楽しいデス。テンション上がりマス。

とにかくフィギアのクオリティが高くて「普通に本物じゃん!」という感じだし、「見るだけ」じゃなくてセレブと一緒に写真が撮れるのがまた楽しい。FacebookとかTwitterやってる人は最高のネタになるんじゃないかな。

入場料が割と高いのがアレなのだが、割引チケットもあるし、一度は行ってみて損はないかと。

エレベーターではブルース・ウィリスがお出迎え
tussau1.jpg

@ホワイトハウス
tussau2.jpg

ダルビッシュはメチャメチャでかい !
tussau3.jpg

言わずと知れたマイコー
tussau4.jpg

たけしに出会って「一緒に写真お願いします!」と自撮り風
tussau5.jpg

他にもたくさんのセレブに会えますよ !

マダム・タッソーで遊んでから本日のメイン・イベントである四季劇場に向かった。ちなみに長男の分のチケットは買ってないので(元々頭数に入っていなかった)彼は東京の友人と夕食に行った。

東京ドームのライブなんかで2階席だったりするとステージまでの距離感を感じるけれど、四季劇場はわりあいコンパクトで、2階席だったけれど臨場感は十分味えそうだ。

2階席よりステージを望む
araddin3.jpg

スタッフのお姉さんも親切丁寧で、近所のファミレスのバイトとは格が違う。

umi_oneesan.jpg

人間、親切丁寧な対応を受けるとなんだか満たされた気持ちになる。そんな気持ちで開演を待てるのは実に気分がいい。

海外ではミュージカルというのは一般的かも知れないが、僕は日本人なのでミュージカルというのにあまりなじみがない。だけど、この大人気のミュージカルが一体どんなものなのか、期待感は高まっていく。

ミュージカルが始まると、一気にアラジン・ワールドに引き込まれる。撮影禁止なので写真では紹介できないが、とにかく歌がうまくて、ダンスがキレキレで、ストーリーは明快で、演出がすごくて、きっちりと笑いも入れてくる。

ジーニーはお馴染みのあのテンションで期待を裏切らない。楽しさをギューッッッと詰め込んだ玉手箱みたいな、これぞまさに「ザッツ・エンターテイメント」といった感じだ。

途中で休憩時間があるくらい公演時間は長いのだが、長いとは微塵も感じない。終演のカーテンコールの拍手喝采がいつまでも続く中、拍手をする手の疲労感が心地よい、そんな素晴らしい公演だった。

チケットを予約する際、はっきり言ってチケットは高いと感じたが、ミュージカルを観た後は「それだけの価値はある」と妙に納得してしまった。妻も娘も感激していた。僕達はジーニーに魔法をかけられてしまったのだ。チケットは高かったけど、妻と娘を連れてきて良かったなって思えた。

もし、このブログを読んでいるあなたがミュージカルに縁のない日々を過ごしてきたなら、アラジンを観てみることをお勧めしたい。できれば大切な人と一緒に。

araddin4.jpg

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Essay  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード