心技体ドッグ

2014年2月、世間はソチオリンピックの話題で持ちきりだ。僕も家族も液晶テレビの向こう側でがんばっている日本人選手を応援せずにはいられない。

オリンピックの競技種目なんて、オリンピックの時しか見ないのにゲンキンなもんである。(笑)

他国のライバル選手に対して「ミスしないかな~」なんてちょっぴり思ってしまう自分に器の小ささを感じてしまう。(笑)

スノボのハーフパイプの平野選手が見事に銀メダルを獲得したが、特集番組が組まれていた青野選手は予選落ちしてしまった。

僕が予選を見ていて感じたこと、それは、平野選手はスーッとスタートするが、青野選手はスタート時に強く拍手するような仕草で自分を鼓舞していた。僕は両者を見て平野選手には平常心を、青野選手には気負いを感じた。

果たして平野選手が銀メダルという結果になった。

同じような雰囲気をノルディック複合銀メダルの渡部選手にも感じた。

そして真央ちゃん・・・

SPの演技直前、息をフゥッと吹く彼女を見て僕は心配になった。明らかに重苦しい雰囲気だ。まるで鉛でも飲み込んだまま演技を開始するみたいだ。僕はなんだか嫌な予感がしたのだった。

そして結果は・・・目を覆うようなものだった。

ただ、真央ちゃんはしっかりと切り替えてフリーの演技では見事に挽回し、日本中、いや、世界中に感動を与えてくれた。金メダルは取れなかったけど、もっと大事な何かを僕たちに教えてくれたような気がする。

スポーツというのはメンタルな部分がかなり大きく影響する。ミスしてはいけない、失敗したくないと思えば思うほど思い切りが悪くなる。

スポーツに限らず、物事は大事な場面であればあるほど思い切りや開き直りが必要だ。けれど、気持ちが守りに入るとそれが厚い雲のように「思い切り」を覆い隠してしまうのだ。

心技体という言葉があるけれど、本当にそれは全てをあらわしているように思う。そしてそれはとてつもなく難しいものなのだろう。

オリンピック選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。

家族みんなでオリンピックの結果に一喜一憂していたが、一人だけ例外がいた。それはライムだ。

ライちゃん、真央ちゃんダメだったよ、なんて話しかけてもライムにはわからない。

だって犬だもの。

だけど、犬と会話できないかというとそうでもない。というかむしろ全然イケるのだ。

ライムが子犬の頃、うなずいて返事をすることを教えた。自分で意思表示できれば意思疎通が図れると思ったからだ。

しかし、「うなずく」というのがうまく覚えられず、結果として「前足をピクッと動かす」と「舌なめずり」が「Yes」の相図になった。

すなわち、「ライちゃん、ごはん食べる ?」と聞いて前足をピクッとやったら「Yes」ということだ。そして、「水飲む ?」と聞いて舌なめずりをしたら「Yes」であり、ノーリアクションの時は「No」ということである。

意思表示するには単語の意味がわからないと始まらない。「オイデ」や「マテ」は僕がトレーニングで教えたものだが、「ごはん」や「水」は日常会話の中で覚えたものだ。その他にも、「パパ」や「ママ」、「散歩」など教えた訳でもないのにちゃんと自分で覚えたのは大したもんだと思う。

運動能力はもちろん、言葉も覚えるし、悪さをして叱られた後も切り替えが早い所を見ると我々人類よりメンタルも強そうだ。

ワンコって心技体がそろったナカナカ侮れない存在だ。(笑)

yuki_tyoujo1.jpg
雪の中で長女と散歩。

yuki_tyoujo2.jpg
歩道橋にて。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Dog  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード