5才になったけど2才児

6月は夏の扉をノックする季節だ。梅雨の時期なのでうっとおしい季節でもある。普段は結構長い髪をしているが、僕はいつもこの時期になると髪をバッサリと切る。夏の時期は湿度が高いので髪のクセが出てしまうのと、風呂上がりに髪を乾かすのも暑くて大変だからだ。

僕が髪をバッサリと切った翌週、職場に行くと特別何も言われなかった。以前、妻と話をした時、若いコが髪を切ると髪を切ったね、なんて話しかけられるけど、年をとってくるとだんだんそういうことも少なくなる、なんて話をしたが、その通りになってしまった。
なんだか寂しいものである。( ̄□ ̄;)

妻は6月生まれの、かに座の女だ。なのでこの時期に1つ年をとる。僕と彼女は同い年だが、彼女の方が誕生日が早いので、僕の誕生日までのしばらくの間は、僕の方が1つ若い。これはいつまでも変わることのないサイクルだ。

そして、6月はライムの誕生月でもある。ブログ更新をさぼっていたのでしばらく前の話になってしまうが、ライムは6月3日に5才になった。

5YearsOld.jpg


誕生日のライム。



あの子犬だったライムがもう5才か、と思うとなんだか複雑だ。それは、ライムが年をとったというよりも、時の過ぎるスピードの速さに、自分が年をとるスピードの速さに、たじろいでいるからなのかもしれない。

スプリンガーを飼うと決めた時、栃木のブリーダーさんにお邪魔して、実際のスプリンガーに会いに行ったことがある。

その時出会ったスプちゃんは白髪みたいに耳の毛が白っぽくなっていた。

5才になったライムは耳の毛のブラウンの色が少し薄くなってきた。ママがそう指摘した時、僕はそんなことはないよ、と否定していたが、自分の肌の衰えと同様、認めたくないだけで、よく見ると確かに色が薄くなってきている。

いずれはあの時会ったスプちゃんみたいに白髪になるのだろう。それも寂しいものだ。

しかし、当のライムは相変わらず至って無邪気だ。散歩とゴハンが大好きで、僕やママ、家族のみんなに甘えている。(いや、小学生の長女だけは甘えるというよりも年の近い姉妹みたいな距離感を僕は感じているのだが)

「永遠の2才児」なんて言う言葉があるけれど、ホントそう思う。年をとっても、精神年齢は2才児みたいだ。まるで無邪気の代表選手みたいに食べて寝て、パパやママにいつも甘えている。

本当の2才児と違うところは、すっ転んで泣くこともなければ、1人で留守番もできるというところだ。割と自立した2才児といったところだろうか。(笑)

自分で散歩に行ってくれればもっと楽だけど。(笑)

誕生日プレゼントは例によって特別なものはナシだ。パパが鶏の砂肝ゴハンを作ってあげたのがプレゼントといえばそうだ。ワンコ用のバースデーケーキなんてのも素敵だが、僕はあまりスペシャルなものは乗り気がしない。

それは、何だか不自然という気がしてしまうせいだ。同じ理由で、ライムに服を着せてあげたいという気も起きない。僕は案外古臭い人間なのかもしれない。

僕が朝起きて、階段を見下ろす。真っ先に見えるのはライムの笑顔だ。階段の一番下で身を乗り出して、パパ、早く早くと僕を待っている。

そんなライムの姿を思い出すと、「ふふふ」と口元がゆるんでしまう。

Lime_kaidan.jpg
9ヶ月の頃。長女と一緒に。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

Tag:Dog  Trackback:0 comment:6 

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード