ライちゃんの初ベンツDay

前回のエントリーで紹介した新しい車(正確には中古なので「新車」ではないが)にはライムをまだ乗せていなかったが、ライムがベンツに乗る日がついにやってきた。

犬の美容室にシャンプーに行くためだ。

前車のオデッセイにライムを乗せて近場に行く時は、後部座席にバスタオルを敷いてそこに居させるという「ズボラ乗せ」で、僕にとっては楽チンだった。僕がやることと言えば、後部座席のドアを開けて「ライム、ヨシ」というだけだ。

この方法は楽でイイのだが、車内の清潔とトレードオフしなくてはならない。というのも、ライムの毛がスゴイのだ。シートの下をのぞくと、ライムの毛が積もっているくらいに。「積もっている」というのは決して話を盛っている訳ではなく、そのくらいライムの毛の威力はスゴイのだ。

さすがにメルセデスをそんな状態にするほど僕は寛大ではない。(というか、むしろ僕はメルセデスをガラス細工でも扱うみたいに大切にたてまつっている(笑)。この辺が庶民の悲しさか・・・)( ̄▽ ̄;)

なので、ライムをメルセデスに乗せる時はクレートが必須と考えていた。クレートならばライ毛の飛散も抑えられるだろうし、安全上もその方がイイだろうしね。

ライム用のクレートはバリケン(ウルトラ)のMサイズだ。前車のオデッセイの時代から、遠出する時はこれを使っていた。サイズはいろいろと迷ったが、今はなき「I like springer」というコミュニティでスプ飼いの先輩に「チビリンガーならこの大きさで大丈夫」と教えていただき、以前購入したものだ。

Mというサイズは、ジャストサイズ過ぎるというか余裕がまったくないので、スプリンガーにはもう一回り大きいIMというサイズを選んでも良いかもしれない。

昔、オデッセイにこのバリケンを積んで出かけた時、ライムが入っているバリケンが倒れてしまったことがあったので、しっかりと固定する必要がある。幸い、メルセデスのワゴンはラゲッジルームにネットやロープを留めるためのフックが付いている。

なので、100均でフックつきゴムひもを2個買って来て固定することにした。100均って、商品がどこに置いてあるのかわからないのが玉にキズだが、何と言っても安いし、アイデア商品なんかもあって侮れない。普通の店でモノを買い、後から「あっ、同じものを100均で買えば安く済んだな」( ̄□ ̄;)ということがたまにある。

Lime_variken.jpg
100均のフック付きゴムロープ2本を使い、うまく固定することができた。210円の幸せ。

ライムが美容室でシャンプーされることを彼女が楽しんでいるのかそうでないのかはわからないが、相変わらず人が大好きで、トリマーのお姉さんに大興奮で甘え、お姉さんもタジタジだった。

商売柄、お姉さんは嫌な顔ひとつしなかったが、ライムの嵐のような甘え攻撃にあう人はたいていの場合、「ちょっとタイム(*_*;)」という気持ちになるはずだ。ま、悪い気はしないだろうけどね。

美容室の帰り、久しぶりに河川敷の公園に寄った。たまにはノーリードで散歩もライムが喜ぶだろう。

しかし・・・

晩秋のこの季節、泥棒草が勢力を増してきている。シャンプーした日に泥棒草だらけのライムを連れて帰ったら、ママの反応が穏やかじゃないのは間違いない。

dorobougusa.jpg
泥棒草ブラザーズ

僕はライムに泥棒草が付かないかヒヤヒヤしながらライムをノーリードで歩かせていたが、幸い、泥棒草の成長がまだ遅く、ライムにひっつく事はなかった。( ̄。 ̄;)フゥ

久しぶりの公園、ライムは楽しそうに散歩していた。何気ない、だけど大切にしたい、そんな秋の1日だった。

Lime_shampoo_kouen.jpg
公園で。人のいない場所でノーリード。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ

Tag:Dog  Trackback:0 comment:4 

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード