お散歩デビューその後

散歩デビュー後は、基本的に朝と晩の2回、散歩に行っている。

散歩に連れていくのはだいたい僕の役目だ。仕事や少年野球の手伝いで疲れている時などはさすがにツライ時もあるが、留守番が多いライムは、散歩くらいしか楽しみがないのだから、と、がんばって連れて行っている。

犬を飼いたい、と長男が騒いだときは、知り合いに「散歩はパパが行く羽目になりますよ~」と忠告を受けた。

子供が「面倒をみるから」と言って犬を飼い始めても、結局はパパが散歩に連れて行く、というオチはよくある話だ。ある意味「定番」とも言えるかもしれない(笑)。

しかし、うちの長男はけっこう動物の世話が好きなようで、結構犬の散歩もがんばるんじゃないかな、と思っていた。

以前、僕が衝動買いしてきたハムスターの世話も案外やっていた。(僕はちっともしなかったが)

しかーし!

意外にもあまりライムの散歩に対して積極的な姿勢をみせず、結局は僕が散歩に行っている。

やはりウチもよくあるパターンというヤツにはまってしまったようだ。ライムと散歩にいく割合は、自分が7、長男が2.5、妻が0.5といったところか。

最初は自分もライムも散歩というものに慣れなていないので、お互いどこかぎこちなかった。

散歩のコースもいろいろ試してみた。意外とライムはビビリで、行きたがらない道もあった。足で踏ん張って進もうとしない。

そんな時は、わがままは許しませんぜ、と強引に連れて行く。

どれくらいの時間や距離が適当なのか、というのも手探りだった。近くに穴場的な公園でもないかな、なんていろいろ行ってみた。

少しずつ、ライムがよく排泄するポイントとか、吠える犬がいる家とか、いろんな事がわかってくる。

ライムも最初のうちは散歩が大好き!という風でもなかった。家に着くとさっさと家の中に入っちゃうし。(ま、嫌がっているわけでもなかったが)

しかし、ほどなく、ライムも他の犬と同様、散歩が大好きになった。

そして、僕も案外ライムとの散歩を楽しんでいる。大人になってからは車ばかりに頼って、自分の足で歩くなんてことは一切なかったが、外の空気を肌で感じて歩くというのは悪くない。新鮮に感じた。

ライム抜きで、自分一人で散歩しようなどとはこれっぽっちも思わないから、こういう発見はライムのおかげかな。健康にも良さそうだしね。

まあ、大変といえば大変なのだが、子供たちと協力してライムとの散歩を楽しもうと思う。

lime_sanpo1.jpg

二男と長女と一緒に散歩。
ライムもうすぐ5ヶ月の頃。

Tag:Dog  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード