犬は早起き

ライムと暮らし始めて、まいった事のひとつが、やたらと早起きということだ。

ま、これはスプリンガーだけでなく、どの犬もそうなのだろうが。

最初のうちは、夜寝るときはクレートとサークルを連結させて、その中でライムを寝させた。いわゆる「ハウスして」寝かせていた。

ライムはハウスするとすぐ寝る。すぐ寝るところって、なんか赤ちゃんみたいですごくカワイイ。

しかし・・・

とにかく朝が早い。ニワトリより早いんじゃないか(笑)。4時半とか5時にクーン、クーンといいだす。一度は夜中の2時半という時があって、さすがにその時は「お前は鬼か」と思いました(笑)。まじで。

そのままほったらかしておくと、今度は吠え始める。「ここから出して」という要求吠えだ。

それでもほったらかしておくと、いつまでも吠えていてキリがない。近所迷惑になるので、結局はこちらが根負けしてサークルから出してやることになる。

4時とか、あまりに早いときは天罰法で吠えないようにさせた。

僕がやった方法はこうだ。

ライムをクレートにいれ、クレートにシーツをかけてクレートの外が見えないようにする。これは誰が天罰をくだしているかわからないようにするためだ。そして、吠えたらクレートの天井をバン!とたたく。ライムはびっくりして吠えるのをやめる。また吠えたらまたたたく。これを繰り返すと吠えなくなる。そのうちシーツをかけただけで吠えなくなった。

夜中に起こされて、ライムがウンコをしてたりすると、当然ライムがウンコを踏みまくっているから、ライムの足洗いとサークル・クレートの掃除をやらされる羽目になる。夜中にこの作業はツライものがある。

夜中にライムが起き出すと、パパとママはお互いに譲り合いの精神が強くなる(笑)。

ライムが起きるのが早すぎるときは天罰法でまた寝たが、5時半とか6時だとそのまま起きた。

おかげでこちらは早寝早起きの朝型人間になった。強制的に(笑)。

lime_haradashi.jpg

腹を出して寝るライちゃん。のんきでええのお。


lime_nuigurumi.jpg

お気に入りのぬいぐるみ。

Tag:Dog  Trackback:0 comment:1 

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード