ドーナツ ホチイ

ドーナツを食べていた長女(中1)の前で

donuts_pochii.jpg

ドーナツ ホチイ・・・

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Dog  Trackback:0 comment:0 

遠くが見たいライム

今日の散歩での一コマです。(@歩道橋)

20161009.jpg

20161009_2.jpg

やってることは幼児と一緒やな・・・

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Dog  Trackback:0 comment:0 

ライちゃんドッキリ大作戦のトラウマ

ライムと散歩に行った時、人のいない場所でノーリードにすることがある。そんな時、ライムパパのイタズラ心がムクムクと頭をもたげ、ライムパパが物かげに隠れるイタズラをすることがある。(ライちゃんドッキリ大作戦参照)

パパがいないことに気付いたライムは不安な様子でパパを探す。そしてパパが出て行くと一目散に駆けてくる。そんな様子がかわいくて、ついやってしまうのだ。( ̄▽ ̄)(ライちゃん、ゴメン)

ライムの散歩コースに歩道橋があるのだが、田舎なのでほとんど人が渡ることがない。なので、歩道橋でライムをノーリードにすることがある。(歩道橋に誰もいないことを確認してからね)

ノーリードになったライムは嬉々として先に行くのだが、パパがちゃんとついて来ているか心配になるらしく、ちょくちょく振り返る。

こんな感じ



こういうライちゃんも可愛いんだなあ、これが。ふふふ。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Dog  Trackback:0 comment:0 

ライムと散歩

「三度の飯より好き」と言う言葉があるが、ライムが大好きなこと、それは散歩だ。ライムの場合は「食べ物命」なので「食べ物の次に好き」だと思うが。(笑)

lime_to_sanpo1.jpg

7年前、スプリンガーという犬種を迎えるにあたっては葛藤もあった。活発な犬種であり、ある程度の運動が必要な犬種だからだ。1日2回の散歩が必要になるだろう。だが、子育て真っ只中の我が家にそれほどの時間的余裕は無かった。

悩んだけれど、「散歩の責任は果たす」と覚悟を決めてスプリンガーを家族に迎えたのだった。

あれから7年、毎日欠かさず1日2回の散歩は続いている。たまに妻や子供に手伝ってもらいながらではあるが。

散歩は犬の基本的欲求なのかもしれない。だから、とにかく散歩が好きなライムの欲求を満たしてあげたいし、普段は留守番が多いライムの楽しみはそれくらいしかない。

このエントリーを書いている前日、コストコへ買い物に行ってきた。僕達家族はショッピングを楽しんだけれど、ライムは家で留守番だった。人間はしょっちゅうお出かけが出来るけれど、犬はそうそうお出かけなんかできない。ライムは散歩だけが唯一無二の楽しみなのだ。

lime_to_sanpo2.jpg

だから、疲れていても、雨が降っていても、ライムの散歩は欠かせないと思っている。

今朝は雨だったけれど、ライムと散歩に行ってきた。当のライムは雨なんかお構いなしだ。こっちは傘さして、長靴はいて、ライムにレインウェアを着せて、寒いし、ウン○は取りづらいし、帰ってきたらライムはビショビショだし、ハッキリ言って大変だけど。

lime_to_akino_sanpo.jpg

だけど、自分の苦労よりも、ライムを満たしてあげたい気持ちの方が強いので散歩は頑張れる。

平日は仕事をしている関係上、朝晩の散歩の「晩」は普通に夜になってしまうことが多い。だけど、夜の散歩でもライムは全然平気だ。僕はと言えば朝の散歩に比べると暗いのでややハードルが上がるが、夜といっても街の灯りがあって真っ暗ではないので何とか大丈夫だ。

ライムの散歩は大変と言えば大変だ。365日、暑い日もあれば寒い日もある。雨の日も風の日も。仕事で疲れて帰って来た時など、一人で行ってくれたら楽なのになー、なんて思うこともある。

lime_to_sanpo3.jpg

思うに、ライムがいなかったら僕自身、散歩に行くことなんて皆無だろう。近くのコンビニに行くのにも車で行ってしまう現代社会だ。

だけど、ライムと散歩に行くおかげで出来ることもある。その最たるものは「四季を感じることができる」ということだ。清少納言が枕草子で四季を取り上げていたように、日本人の豊かな情緒は四季に育まれているのだ。

例えば春の日、遠くの山で若葉を携えた木々がスローモーションのように揺れている・・・ライムと一緒にそんな風景を見るのは僕が春を感じるお気に入りの1シーンだ。

他にも、近所の人と挨拶したり、知り合いができたり、ライムとの散歩がコミュニケーションの助けになったりもするので、それらもメリットと言えるだろう。

ちなみに、ライムとの散歩におけるダイエット効果はあまり期待できないようだ。ライムが辺りをクンクンするのに付き合ったりして「歩いたり立ち止まったり」なので、有酸素運動にはならないのだろう。

最近の散歩では木々が紅葉してきてめっきり寒くなった。早朝、近所の車は朝露で濡れ、晩秋を肌で感じている。もうじきゆっくりと冬が覆いかぶさってくる。そして僕とライムの吐く息も白くなるだろう。

でも、寒くてもライムとの散歩頑張るぞ !

ちなみに、今回のエントリー名「ライムと散歩」は、スプリンガーのブロ友のmakorinさんが運営するSophieと散歩というブログ名のまんまパクリです(爆)。現在はブログはお休みしているようだが、ソフィ姉さんはお元気かな?

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Dog  Trackback:0 comment:4 

ライムと初めてのお泊りキャンプ2015 Final Episode

24時間テレビのメーンイベントは長距離マラソンだが、キャンプでのメーンイベントはバーベキューだ。今回のメニューは前回のデイキャンプとほぼ同じだったのだが「ライスクッカー」という鍋をレンタルしてご飯を炊いた。

rice_cooker.jpg

ライスクッカーは一見すると普通のフタ付き鍋なのだが、焦げることも無くとっても上手に炊ける。「ライスクッカー」というネーミングからするとご飯を炊くのに特化した技術が盛り込まれているのだろう。

IMG_4583.jpg

自然の中で食べる炊きたてご飯はとてつもなくウマい。本田圭祐ふうに言うと

(本田圭祐のマネで読んでね)「そうですね バーベキューというのは それで満足したらオワリですね 今回はね ライスクッカーの持つ 個の力でね ご飯の決定力を 引き出した訳でね それってどういうことわわかりますか ?  バーベキューの「伸びしろ」ですね 心の中のリトルライムパパもそう言うてますね」

camp_yoru_gohan.jpg

夕食後は花火をして、やや雲が多かったけど星空を見て、コインシャワーを浴びてテントで早めの就寝となった。

camp_hanabi.jpg

この夜、夜中にも降雨があったせいか気温がメッチャ下がり、真夏だというのに肌寒いテント泊となった。

さらに、テント内は二男がやけに場所をとること(寝ぞうがワガママ)、それと、ライムがずうっとキュンキュンと夜鳴きをしていたので快眠とはいかなかった。(; ̄Д ̄)

tento_no_naka.jpg

ライムはテントの外でクレートで寝させたのだが、初めての場所で家族の顔も見えず不安だったのだろう。

asano.jpg

tento_joubu.jpg

lime_ga_okoshini.jpg
朝、テントの子供達を起こしに来たライム

camp_asano.jpg

翌朝の朝食のメニューはいろいろと迷ったが、シンプルにご飯と味噌汁(& 生卵 + ごはんですよ + 缶詰)にした。ご飯の「個の力」(笑)に頼った形だが、とにかく炊き立てご飯がウマすぎて、満ち足りたキャンプの朝となった。

camp_asagohan.jpg

cofee_koboshita.jpg
コーヒーの粉をママがこぼしまくって、薄いコーヒーを飲むはめに。

2015_camp_yakimasyumaro.jpg
朝ごはんのデザート「焼きマシュマロ」トロ~ッとしてメチャウマ !!

朝ごはんの後、ライムを連れて川に散策に行った。

comp_kawa_he.jpg

2015_kawa_to_lime.jpg

初めてのデイキャンプの時、まだ幼かったライムはねずみ花火のようにはしゃぎまわっていたが、7才になったライムははしゃぎまわるという程ではなく、積極的に水に入っていくということもなく・・・幼いライムが持っていた好奇心とパワーは、いつの間にか氷が溶けたアイスコーヒーのように薄まってしまったのかな。そんなことを思うと、僕としてはちょっぴり寂しい気にもなってしまう。まあ、いつまでも子犬のように手がかかるのも困るけど。

kawa_tsumetai.jpg

川の水がムチャクチャ冷たくて、水につかっていたライムパパは腰が抜けたように力が入らなくなってしまった。

shinrin_kutyuu_sanpo.jpg

2015_tomari_iyashi.jpg

散歩後、シャワーのあと拭き拭きされるライム。

2015_hukihuki.jpg

nooo.jpg

人生初体験となったお泊りキャンプ。

満天の星空、テントでの一夜、高原で食べる朝食――それらはどんな感動を与えてくれるのか、僕の中の少年をわくわくさせてくれた。それらはジェットコースターみたいにあっと言う間に過ぎてしまったけれど、楽しいアウトドア体験として家族(もちろんライムも)の笑顔と共に僕の心にスクラップされることとなった。何より、家族(もちろんライムも)が楽しんでくれたことが一番の喜びだ。

ちなみに、ライムはキャンプ場であまり眠れなかったらしく、夕方帰ってから夜ゴハンも食べずに翌朝まで爆睡していた・・・イヌの睡眠力恐るべし !

<このシリーズおしまい>

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Dog  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード