Comicライムとの暮らし 「模擬店Lover」

しばらくお休みしていましたが、ぼちぼち再開していこうと思います。

mogiten1.jpg







mogiten2.jpg







mogiten3.jpg







mogiten4.jpg







mogiten5.jpg







mogiten6.jpg







mogiten7.jpg







mogiten8.jpg







mogiten9.jpg







mogiten10.jpg

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Comic  Trackback:0 comment:0 

さよなら高校野球 -最終話-

よくぞここまで粘った。そして打席にはチームの主砲。彼が打てなかったのならもうそれは仕方がない。もう僕は「チームの必死の粘りで最高の場面を作ってくれて、結果がどうなっても悔いはない」という気持ちになっていた。いや、そういう気持ちにさせてもらえた。

スタンドの大声援の中、大声援はなぜか遠くに聞こえ、自分の声は頼りないものになっていた。僕の意識は、集中しすぎるくらいこの場面に集中していた。そして、ただひたすら祈り、祈り、祈り続けた。

2球目、金属バットの音が響いた。僕は一瞬打球を見失ったが、センターの動きで打球の方向がわかった。

センターは左中間方向に下がり、そしてこちら向きになって打球を見上げている。

その瞬間――目をそむけたくなる現実を受け入れなくてはならない時――その時がきたと悟った。

そして、スローモーションのように打球がセンターのグラブに吸い込まれた。

それと同時に僕の全身の力が足元から抜け出ていってしまった。

チームの夏が、二男の高校野球が、そして我が家の野球道が、とうとう幕を閉じてしまった。試合終了のサイレンが野球との別れを無感情に告げた。

チームが敗退した後も世間では高校野球は続いているが、今まで足元で繰り広げられていた熱戦が、少し遠くに行ってしまった、そんな気がした。これから高校野球というものは、徐々に徐々に僕から距離を置こうとするのだろうか。

思えば、兄が小学一年生で少年野球の球拾いをしたことがきっかけで野球を始め、その彼はのちに少年野球のキャプテンになり、中学野球では市の選抜チームに選ばれ、そして高校球児となった。

弟も兄の後を追うように少年野球のキャプテンとなり、中学野球でも市の選抜チームに選ばれ、高校球児となり、そして兄の果たせなかったベンチ入りメンバーをつかみ取り、兄のリベンジをしてくれた。

少年野球時代、親の休日はすべて少年野球の手伝いにとられ、なんてブラックな世界に首を突っ込んでしまったんだ、なんて思ったこともあった。

しかし、もう一度タイムマシーンに乗って子供達の小学校時代に戻ったとしたら、子供達の少年野球に反対はしないだろう。

だって、子供達の野球を精一杯応援し、一緒に泣き、一緒に笑った日々は、僕達家族にとって、かけがえのない宝物になったんだもの。

楽しいことよりも辛いことの方が10倍多い、そんな野球の道だったけど、その苦労が、その努力が、彼らの自信となり、この先の人生のいろんな場面で彼らの行く道を照らしてくれるだろう。

そして、僕達両親も、子供達の青春に片足を突っ込んで、第二の青春を楽しむことができた。

太陽が地平線に沈むように、物事には必ず終わりが訪れる。その宿命に手を引かれ、長い長い、我が家の野球の道もついに終わりの時を迎えた。息子はバットを、僕達両親は応援メガホンを、そっと置く時がやってきたのだ。

スタンドで、打席に立つ息子をハラハラドキドキ見守る・・・あの緊張感を味わうことはもう二度とないだろう。でも大丈夫、目をつぶれば、いつだって長男や二男の雄姿がよみがえる。一生忘れはしないよ。

そして、彼らがバットを置いた時に僕が贈ったメッセージ・・・それはこうだ。

「君は父と母にとってのスーパーヒーローでした。夢と感動をありがとう。」

ありがとう、高校野球 ! さよなら、高校野球 !

<このシリーズおしまい>

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

しばらくブログはお休みする予定だったのですが、心に残る出来事だったのでシリーズとして書かせていただくことにしました。
ワンコブログの本題からは外れる内容でしたが、最後までお付き合いいただいた方がいらしたら嬉しく思います。
ありがとうございました。

別の創作活動に入っているため、ブログは少しお休みします。
9月頃再開予定です。

Tag:Essay  Trackback:0 comment:0 

さよなら高校野球 -第9話-

天気予報は曇りだったのに、真夏の太陽が容赦なく球場を焦がす中、試合が始まった。こちらの投手は球も走っており、まずまずの立ち上がりと思われたが、序盤に2失点してしまった。しかし、2失点でなんとか踏ん張ってくれていたので、あとは打線が点を取るしかない。

しかし、ランナーは出すものの、あと1本が出ず、2対0のまま試合は終盤へと進んでいった。7回、ツーアウト満塁の好機に主砲が打席に立つという場面を作った。だが、痛烈なゴロをサードがはじくものの、二塁走者がタッチされてアウト・・・1点でも入れば流れが変わると思うのだが、1点が近くて遠い。

そしてとうとう、2対0のまま9回裏の攻撃を残すのみとなってしまった。打順は下位打線からの攻撃だが、ランナーを出してなんとか上位に回したい。

最後の攻撃であり、スタンドではあらん限りの声を張り上げて必死の応援となった。すると、先頭バッターの二男の親友が、意地のセンター前ヒットで出塁した。

次のバッターは二男のこれまた親友が代打で登場したが、残念ながら内野フライに倒れた。

そして・・・ここで家の二男が代打で登場した。

9回裏1アウト1塁。2対0で負けている。この場面、チームに残されたアウトはあと2つしかない。だとすれば、この場面でもっとも大事なのは自分がアウトにならないで次の打者に回すこと、ただその一点だ。

僕はとにかく心の中で神様にお願いした。「四球でもエラーでも何でもいい。二男が何とか塁に出られますように ! 」何回祈ったかわからないほど祈り続けた。

結果、二男は相手投手の変化球をしっかりと見極め、四球で出塁した !

二男は長距離打者なので、長打が出るに越したことはないが、それより何よりこの場面、この土壇場では「自分がアウトにならない」ことが最優先事項だ。そしてそれは言うほど簡単なことではない。

しかし、その仕事を、チームに託された大事な仕事を彼は見事に果たした。これは、誰のおかげでもなく、小学校時代から積み重ねてきた彼の努力、その集大成なのではないか。少なくとも僕はそう思っている。

1アウト1・2塁となり、打順は1番に返った。しかし、1番バッターはショートゴロでいよいよ2アウト、追い詰められた。

ここでバッターは2番。このバッターはとにかくしぶとい粘りをみせる好打者だ。そして次の3番バッターはチームのもっとも頼りになる主砲だ。僕は追い詰められたこの場面で、必死に、とにかく必死に次の3番バッターに回るように祈っていた。何度も何度も祈っていた。

自分がアウトになってしまったら試合終了、そんな緊迫した場面でこの2番バッターはしぶとく四球を選んで出塁した。家の二男同様、きっと彼の過去の努力が彼を助けてくれたのだ。

ついに、ついに満塁となり、主砲まで皆でつないだ。9回裏、2アウト満塁。応援も、相手の苦しさも、こちらの苦しさも、すべてが極限状態に達した。

最終話へ続く

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Essay  Trackback:0 comment:0 

さよなら高校野球 -第8話-

いよいよ次の試合に勝てばベスト8となる。ベスト8というのは組み合わせの運だけでは残れない。だからこそ、実力が試される。自分達の努力と相手の努力、どちらが上だったのか、真価が問われる試合である。対戦相手は地元のシード校であり、知っている子もたくさんいる。妻の同級生(ママ友)の息子さんが相手チームにいて、試合前にそのママ友さんと少し話をした。お互いにいろんな想いが交錯する。しかし、親にできること、それは一生懸命応援することだけだ。

今大会3試合目となったが、妻が「試合前日の夕食はパスタがいい」という情報をママ友から聞きつけたため、毎回、試合前の夕食はスパゲティとなった。要するに炭水化物が良い、ということなのだろう。炭水化物をとったからといったって、どれだけ影響があるのかわからないが、できることはしておきたいのだろう。妻の気持ちは痛いほど理解できる。

そして毎度、僕も試合の日は朝から緊張してしまう。この日も朝、緊張感の中ライムの散歩に行き、お地蔵様に二男が打てるよう、チームが勝てるよう、お願いをした。

ojizousama_lime.jpg

最初の試合に勝った時と同じ服装(靴下まで一緒)で2試合目も勝てたので、この日もまったく同じ服装で応援に行くことにした。ミスチルの歌で「ちっぽけな縁起かついで」という歌詞があるが、ちっぽけな縁起でもなんでもすがりたい、そんな心境だった。

この試合は長男が仙台から応援に駆けつけてくれた。妹も自分の部活を休んで応援に行ってくれるという。という訳で、この日はライム以外の家族全員で応援に行くことになった。なんとか家族の想いが届いてくれると良いのだが・・・

こちらのチームはエースが肩を痛めてしまい、別の投手が先発することになった。エースを欠く試合は苦しくなりそうだが、代わりに投げる投手はエースナンバーこそ背負っていないが、速い球を投げる投手で、きっと相手を抑えてくれるはずだ。

第9話へ続く

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Essay  Trackback:0 comment:0 

さよなら高校野球 -第7話-

真夏の太陽が梅雨空を押しやり、蒸し暑い日々が続いた。夏の大会は抽選会、開会式と進み、2017年7月11日、二男の高校は初戦を迎えた。相手は昨年、上級生達が敗れた高校だ。勝てない相手だとは思えないが、実力がどの程度なのか情報が少なく、不安もあった。

試合が始まると、序盤に点数を重ねることができ、勝利を収めることができた。二男の出番はなかったが、チームが勝ててホッとした。ここで負けてしまったら余りにも短い夏となってしまう。二男が出ても出なくても、チームが勝って少しでも長い夏にしてほしい、少しでも長く二男に仲間と野球をやらせてあげたい、それが僕の願いだった。

そして、ここで負けるには心の準備がまったくできていない。なので、勝てて本当に胸をなでおろした。

一週間後、ベスト16をかけた3回戦の相手は自宅のある市の高校で、それなりに強豪校だ。地元だけに知っている子もたくさんいる。試合は序盤でリードしたものの追加点が取れず、追い上げられる展開となった。

追加点を取りあぐねた展開に、8回のチャンスに二男が代打で起用された。くしくも相手ピッチャーは、少年野球時代に市の選抜チームで仲良くしていたチームメイトだった。僕はこの打席、二男の打席を心にしっかりと焼き付けておこう、そんな心持ちで見つめていた。

積極的にバットを振っていき、ボール球はしっかりと見極める、そんな打席にヒットの予感がした。フルカウントから放った打球は一瞬「ヒットになるかも ! 」と思ったが、センターの守備位置が良く、センターフライに終わった。しかし、アウトにはなったが、良いチャレンジだった。

追加点は奪えなかったが、投手陣が踏ん張り、なんとか逃げ切って勝利を手にすることができた。最後もチャンスを作られて苦しい展開だった。相手も必死だ。野球の神様は簡単には勝たせてくれない。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村

Tag:Essay  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ライムぱぱ

Author:ライムぱぱ
ライム:2008年6月3日生まれのイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(♀)

ようこそお越しくださいました。
ゆっくりしていってくださいね!

このブログについて
愛犬ライムとのスプな生活のエッセイをつづったり、4コマ漫画的なコミックを描いたりしています。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格や特徴、グッズなどもご紹介しております。 なお、当ブログはリンクフリーです。リンクしていただいた場合、こちらもリンクしますので、コメント欄からお知らせください。
LINEスタンプ
ライムがスタンプになりました !
ブログランキング
よろしければクリックを
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
ページビュー
Twitter
検索フォーム
QRコード
QRコード